Archive for the ‘未分類’ Category

日刊スポーツ(2/26付)に「新宿駆け込み餃子」の記事掲載

2018-03-01

2018年2月26日付けの「日刊スポーツ」に支援居酒屋「新宿駆け込み餃子」の記事が掲載されました。

『新宿駆け込み餃子』の菊地優マネージャーがインタビューに

2018-02-09

出所者を題材にした映画『羊の木』の公開にちなんで、『新宿駆け込み餃子』の菊地優マネージャーがインタビューに答えています。

元受刑者を積極的に受け入れている『新宿駆け込み餃子』の取り組みをぜひお読みください。

【羊の木×新宿駆け込み餃子】 元受刑者たちを雇う飲食店に聞いた「知られざる悩み&再スタートの実態」
こちらからどうぞ。

新宿駆け込み餃子( 募金箱 )様より13.126円のご寄付をいただきました

2018-02-02

就労困難者の社会復帰を手伝ってくださっている歌舞伎町の居酒屋「新宿駆け込み餃子」様(募金箱)より13.126円のご寄付をいただきました。
感謝申し上げます!


※画像は2015年のものです※

1/29 (月) リディラバ主催のスタディツアーで当法人の千葉龍一が案内人に

2018-01-30

2018/1/29(月)「株式会社リディラバ」主催で

NECソリューションイノベータ株式会社の企業研修会が行われました。

研修会の会場は歌舞伎町。

内容は「出所者の就労支援に関するスタディツアー」でした。

当法人の千葉龍一が案内人をつとめました。


(左)再チャレンジ支援機構・千葉龍一 
※実際に関わっている出所者の就労支援の現状について話しました。※


(左)保護司の長谷川洋昭さん 
※更生保護制度の概要と保護司制度の現状についてお話ししてくださいました※


「歌舞伎弁天」にて


再チャレンジ支援機構の前にて

11/18リディラバ主催のツアーページに参加者の声が掲載

2017-12-22

2017年11月18日(土)『歌舞伎町で餃子を食べながら、出所者の再チャレンジについて考えるツアー』(リディラバ主催)が開催されました。このツアーの「案内人」を当法人の千葉龍一がつとめさせていただきました。

内容は以下の1~3をご参照ください。
1 新宿・歌舞伎町の「再チャレンジ支援機構」さんにお邪魔し、出所者の抱える課題や就労支援についてお話しを聞きます。
2 歌舞伎町を街歩き!様々なマイノリティグループが生活する街で、隠れた「色眼鏡」を意識します。
3 出所者を従業員として雇用する飲食店「新宿駆け込み餃子」を訪問!アツアツの餃子を食べ、感想共有とディスカッションをします。

「参加者の声」が主催の「リディラバ」ウェブサイトに掲載されています。
以下に引用いたします。
新宿というと自分にとっては乗り換えでおなじみの駅であるが、そういった身近な場所に全く知らない生活があることを知って感慨深かった。いつもだったら足早に通り過ぎる道を担当の方が丁寧に解説して下さる。そうしているうちに、新宿は住む人それぞれにとって全く別の姿に見えているのだろうなという思いが頭をよぎった。この混沌がまた誰かの救いにもなり、苦しみにもなるのだと思う。普段の生活だけでは気づけなかったことを知ることが出来て良かった。
  東京都 男性 21歳 (2017年11月18日(土) 参加)

本日はありがとうございました。 私自身は2回目のツアー参加でした。 やはり現場に直接足を運びお話を伺うと、新たな発見や知識が得られるとともに社会にある矛盾や上手く行くことばかりではないことを学生の身分ながら痛感致します。 また知らず知らずのうちにできていた固定観念にも気づかされます。 私はこのツアーのテーマに関する現状や自分のなかにできていた固定観念の存在に気づくことがとても大事なことだと思います。 無知でないこと、自覚していることで今後の自分の人生において行動の仕方が変わっていくのではないかと考えます。 今回は出所者の現状、偏見、支援と3つの柱があったなと感じました。 しっかり発信する、お店に食事しにいくことでできることをやっていこうと思います。 またツアーに参加したいです。 重ね重ねになりますが、本日はありがとうございました。
  東京都 男性 21歳 (2017年11月18日(土) 参加)

リディラバウェブサイト『歌舞伎町で餃子を食べながら、出所者の再チャレンジについて考えるツアー』詳細ページはこちらからどうぞ。

[ 更生保護 ] 2017年11月号に玄秀盛のレポート掲載

2017-11-28

更生保護法人日本更生保護協会が発行されている月刊誌「更生保護」2017年11月号に

玄秀盛の『現場からのレポート・刑余者の社会復帰支援居酒屋の2年半』を掲載していた

だいております。

日本更生保護協会ウェブサイトでの情報はこちらからどうぞ。

10/16(月)アパリでの玄秀盛の講演時の画像です

2017-10-17

※NPO法人アパリは、依存症からの回復を支援している団体です※

10月16日(月)玄秀盛がアパリのアディクション関連講座で、「どんな過去でもやり直しはきく」と題して講話をいたしました。

日時:10月16日(月)18:30~20:30
会場:アパリ東京本部
東京都新宿区余丁町14-4 AICビル1階 ミーティングルーム
主催:NPO法人アジア太平洋地域アディクション研究所(アパリ)

NPO法人アパリの詳細はこちらからどうぞ。

※写真右:NPO法人アパリの顧問で弁護士の横田尤孝先生
写真左 NPO法人ダルクの代表 近藤恒夫先生※

※講演後の懇親会のようす※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

11/18 歌舞伎町で餃子を食べながら出所者の再チャレンジについて考えるツアー

2017-10-11

2017年11月18日(土) 13:00〜17:00、株式会社Ridilover(リディラバ)主催

「歌舞伎町で餃子を食べながら、出所者の再チャレンジについて考えるツアー」にて

当法人の千葉龍一が「案内人」を致します。

   ※以下は、株式会社Ridiloverウェブサイトより抜粋※

1 新宿・歌舞伎町の「再チャレンジ支援機構」さんにお邪魔し、出所者の抱える課題や就労支援についてお話しを聞きます。

2 歌舞伎町を街歩き!様々なマイノリティグループが生活する街で、隠れた「色眼鏡」を意識します。

3 出所者を従業員として雇用する飲食店「新宿駆け込み餃子」を訪問!アツアツの餃子を食べ、感想共有とディスカッションをします。

詳細&お申込みはこちらからどうぞ!

※株式会社Ridiloverウェブサイトにジャンプします※

ウェブメディア「soar」に「新宿駆け込み餃子」と玄秀盛の記事が掲載

2017-09-08

「soar」INTERVIEW 2017/09/07
【働く場所と仲間がいたら、きっと再チャレンジできる。出所者の社会復帰を応援する居酒屋「新宿駆け込み餃子」】はここをクリックしてくださいませ。

soarウェブサイトより抜粋 → ※「soar(ソアー)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えるウェブメディア※

新宿駆け込み餃子様より8,425円のご寄付をいただきました

2017-08-30

「募金箱からのご寄付」の報告です。

支援居酒屋「新宿駆け込み餃子」様より8,425円のご寄付をいただきました。
有難うございます!

« Older Entries
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme